カードローンの限度額を増額するメリット

カードローンの増額融資というのは、新たに他の会社に申し込む際に必要な書類をほとんど用意することなく申請を通すことが可能ですので、新たに申請を通す手間と審査が通らないというようなリスクを負わなくてもいいというメリットがあります。

また、利用方法をうまくやれば、複数の会社で利用するよりも金利負担も減らすことも可能です。返済額も一つの会社で返済したほうが、最低返済額にかかる返済額も少なくすることが可能ですので、お金の返済についても手間をかけることが少ないこともいえます。

カードローンの限度額を増額するデメリット

カードローンの増額のデメリットについては、他のカードローンや消費者金融で借り入れをする際に限度額を引き下げられたり、そもそも借り入れを断られるようなことがあります。借金の返済能力が少なくなる人に対しては、貸し渋ることにならざる負えないというのが主な原因です。

また、限度額を引き上げた時に、給料が下がったり転勤になったりする場合は危険なところもあります。借入額を打屋したことで、お金を借りている額を増やした時にこうなると、返済にクロスるためタイミングによって資金繰りに影響が出るケースもあるため注意が必要です。

インビテーションが来てるなら限度額を増額しといた方が良い?

銀行からカードローンのインビテーションすなわち増額案内が来ている方は、次の条件に当てはまる場合において増額をおすすめします。

先ず、契約期間中に返済遅延や延滞がないこと、勤務先の変更が無いこと、年収が増加していること、そして他社からの借り入れが無い場合、増額審査における通過率が大きく上昇します。

増額案内については、審査通過を確約するものではなく、銀行との取引状況における局部的な審査結果によるものであり、実質的には再審査が必要となります。もし、増額条件に当てはまらない場合は無駄な審査が行われるだけでなく、期待による精神的なダメージも生じます。

最悪の場合、増額どころか減額される危険性もあるため、契約時以上に融資条件が良くなければ、増額はおすすめしません。

総量規制に引っ掛かってると増額出来ない?

貸金業法の総量規制では、原則年収の3分の1以上の借り入れはできないことになっており、すでにそのような状態の方では消費者金融等で新たに増額して借り入れをすることはかなり難しくなります。

「かなり」というのは例外もあるということで、各社が提供している債務の一本化を目的としたおまとめローンなら融資可能である場合もあります。

また貸金業法の規制を受けることのない銀行のカードローンやフリーローンであるならば問題はなく、審査に通れば年収の3分の1以上のお金を借り入れることもできるのです。