増額するにはある一定の期間利用が必要?

カードローンなどの利用限度額を増額する際は、最低でも6ヶ月以上から1年間の利用実績が重要です。新規契約を行う際は、申込情報からの審査と個人信用情報の照会により客観的な判断で、融資額を決めています。

しかし、実際に借り入れ出来る金額には尤度があり、それを引き上げることとして利用実績により融資元から信用を得ることです。

個人間の貸し借りにおいても、知らない人から突然お金を貸してと言われても、貸さないまたは少ししか貸さないと同様に銀行や貸金業者も相手が信用に値するかチェックを行っています。

そのため、一定期間の利用実績において返済を確実に履行していれば、『返済を確実に行う契約者』と判断でき、より高い融資を行うこととなります。銀行や消費者金融にとって、優良契約者へ融資を行い、利息を得られ主益確保に繋がります。

増額審査は過去に支払いの延滞があると不利?

カードローンで利用限度額を増額する際、過去に返済を延滞した事実が残っていると審査条件として不利になります。支払延滞の大小を挙げて、影響度の大きさの違いを考えがちですが、基本的に重視されるのは返済という行為をしっかり行うかどうかです。

個人信用情報機関の情報は、一定期間で抹消されますが、借入先の情報は契約が続く限り残り続けるため、『たった1回』でも返済を怠ってはいけません。あくまで、契約者の信用によって融資を行っているため、1回の遅延がその後の借り入れに影響します。

人の印象は、一度根付いてしまうとなかなか払拭できない通り、返済管理がしっかりと行えない人と見做されれば増額は出来なくなります。返済が遅れそうな場合は、誠意を持って事前に連絡を行い、遅れる理由といつまで返済するのかを約束するかが重要になります。

何も連絡なしに、返済を遅延するのは約束違反です。

増額するのではなく他社に借り換えもアリ?

キャッシングやローン契約において、利用限度額を増額申請するよりも他社から借り入れする方法も得策です。より融資額の高い契約を行い、借り換えと同時に利用限度額も増える方が、利息の面でも無駄が無くなります。

また、増額だけで考えても融資リスクが高くなることを銀行や消費者金融は避ける傾向にあり、増額審査には慎重になります。

普通の人同様に、自分に掛かる負担を避けるため他の人に仕事を割り振るように、銀行や消費金融にとっても他社から借り入れしてもらえば、自社が被るリスクが軽減されます。

増額審査に時間が掛かる場合は、さっさと考えを切り替えて他社から借り入れを行い、余裕が出来たら一本化してしまうのが得策です。