増額は一度にどれくらい上がる?

カードローンなどのキャッシング契約において、利用限度額を増額する場合、基本的には10万円毎に増額されるケースが多くなっています。あくまで契約者の与信状況や返済能力に応じ再審査が行われ、30万円から50万円にアップするというのが一般的です。

ただし、増額申請時に注意するポイントとしては、利用限度額が予め数種類に固定されているケースがあり、このような場合は増額が難しくなるという問題があります。

基本的には、10万円毎の増額となるため、再審査を通過するためには一気に増額を希望するよりも、10万円毎に利用限度額を区切るのがおすすめです。

増額で限度額が下がることもある?

キャッシング契約において、利用限度額の増額申請を行った場合、契約時よりも与信状況が悪化していると判断されると減額されることがあります。この点については、多くのキャッシング契約の取引規約に記載されています。

利用限度額を増額する際は、再審査が必要となり、スコアリング審査と個人信用情報の照会が再度行われます。

収入自体が減っていなくとも、個人信用情報に登録されている情報で返済遅延や滞納、他社借り入れが増えているといった場合は与信状況の悪化と判断され、減額される可能性が生じてしまいます。

そのため、カードローンを契約した場合は可能な限り他社借り入れを増やさないよう、日頃からの返済管理が必要です。