増額審査では在籍確認はある?

銀行系カードローンで利用限度額を増額する場合、基本的には再審査となるため、勤務先への在籍確認が行われます。再審査と言っても、契約時の審査同様にスコアリング審査と個人信用情報の照会が行われ、勤務先の登録情報に変化が無いかを確認しています。

利用限度額を増額することは、融資元にとって融資リスクの増加となり、返済能力をしっかりと担保する必要があります。

そのため、申込情報の勤務先と個人信用情報に登録されている勤務先、そしてその会社に電話が繋がり、本人に連絡が取れるかどうかを再度チェックしています。

定年退職や転職により勤務先が変わっている可能性があるため、増額審査や更新審査では勤務先情報をしっかりと確認します。ただし、在籍確認だと分からないように配慮がされているため、誰もが気付かない内に対応しているのが一般的です。

増額での在籍確認がなしの場合もある?

大手消費者金融のカードローンで利用限度額を増額する場合、勤務先への在籍確認が行われないケースがあります。

例えば、契約申し込み時点で希望した限度額が、審査上の上限額に満たない状態であり、個人信用情報に登録されている勤務先情報から在籍が確認されれば電話がありません。

利用限度額の増額については、消費者金融側が決めることができ、自社審査基準で在籍確認が不要となる場合は省略されます。また、再審査を行った際に個人信用情報に最新の勤務先情報が更新されていれば、わざわざ在籍確認を行わないケースもあります。